看護の基本理念

houshin

法人の理念である「生命の尊厳」を表す「いのち」を中核に 「コア」「ケア」「キュア」の専門的関わりによって、回復の促進を目指します。

image2222-1-1
1960年代から70年代活躍したアメリカの理論家リディア・ホールの理論をもとにしています。

看護部の理念

人間としての尊厳を守り、質の高い看護を提供し、健康的な生活を支援します。

看護部基本方針

  1. 人権を尊重し、患者中心の看護サービスを提供します。
  2. 安全を保証し、信頼される看護を提供します。
  3. チーム医療を推進し、看護専門職としての役割と責務を遂行します。
  4. 在宅復帰を支援し、地域住民の健康保持増進に努めます。
  5. 看護専門職としての能力を高め、人間性豊かな人材育成に努めます。
  6. 業務改善に努め、健全な病院運営に参画します。

看護部ビジョン

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院看護部は、大学病院としての教育機能を活かし、患者・家族・学生・地域のニーズに応える優秀な人材を育成します。また、地域医療支援病院として、高度急性期から在宅看護に至るケアを展開し、質の高い看護を提供します。