がん化学療法看護

知識と技術

  • がん化学療法薬の安全な取り扱いと適切な与薬管理
  • 副作用症状の緩和およびセルフケア支援

山下 まゆみ

『がん看護=緩和ケア』あるいは『がん化学療法=積極的治療』

そんなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。がん化学療法とは薬剤を用いてがん細胞の増殖を抑える治療法です。緩和ケアとは正反対の治療と思われがちですが、がん細胞を制御することで症状を予防・改善し、機能を維持することができます。実は緩和医療でもあるんです。白血病は化学療法により治癒も期待できたり…。これががん化学療法の優等生の顔。反面、いじめっ子の顔も有します。ご存知のように有害事象(いわゆる副作用)がそれです。治療薬が患者さまにとって出来るだけ優等生でいられるよう、患者さまと家族を支え『安全を守る事』が、私たちがん化学療法看護認定看護師の使命なのです。

がん化学療法看護は、がん化学療法が治療の選択肢となったとき、がん化学療法の治療期、その後の経過観察の時期の看護を専門としています。一人の力は微力ですが、チームで協働し、治療が安全で安楽に受けられ、自分らしく生きる時間を少しでも長くする事ができたら…ここにしか咲かない花を咲かせる事ができるのではないでしょうか。

yamashita


後藤 順子

がん化学療法看護認定看護師は、安全・確実・安楽にがん化学療法が受けられるように、熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護実践のできる看護師です。抗がん剤は毒性が高い薬剤であり、安全かつ確実に与薬管理をすることが求められます。また、副作用が生じやすい薬剤であるため、副作用の緩和や日常生活におけるセルフケア支援が重要です。

私は、外来所属で主に内科外来化学療法室で業務をしています。安全で確実な与薬管理をするとともに、患者さまがQOLを維持して外来での治療を受けられることを第一に考えて看護援助を行っています。そのため、治療を受ける患者さまだけでなくご家族とも積極的にコミュニケーションを図り、生活背景をふまえたより個別性のあるセルフケア支援を心がけています。また、外来看護師だけではなく病棟看護師との連携、医師や薬剤師など多職種とも連携し、安全・確実・安楽ながん化学療法が行われるように目指しています。

goto_junko