緩和ケア

知識と技術

  • 疼痛、呼吸困難、全身倦怠感、浮腫などの苦痛症状の緩和
  • 患者さま・家族への喪失と悲嘆のケア

岡本 延枝

今年度より緩和ケアチームの看護師として、チーム活動に参加しています。
緩和ケアとは、ひとことで言うと「病気に伴う心と体の痛みを和らげること」(厚生労働省緩和ケア推進検討会)となります。緩和ケアチームは患者さんだけではなくそのご家族も一緒に支えるために様々な場面で対応していきます。「緩和ケアはいつから始まるの?」「終末期ではないから、緩和ケアはまだ必要ありません」と言われる方もいらっしゃいます。
緩和ケアは、がんが進行してから始まるのではなく、がんと診断を受けてから、「仕事に行けなくなった」「気持ちが辛い」「誰にも相談できない」などのその人にとって生活が困難と感じたり、抗がん剤治療中に「体がだるくてしょうがない」「食べられない」などの症状が現れたときから始まります。一人で、あるいは家族だけで抱え込まず、主治医や担当看護師に相談してください。そして病状が進行して体の痛みや辛さがましてきた時にも、一緒に考え「その方にとってのベストは何か」問題を明らかにして対処出来るように多職種(医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、作業療法士、MSWなど)のチームで、病棟や外来のスタッフと協力して、「その人らしさ」を大切にしたケアの提案をしていきます。
多職種の専門家による緩和ケアチームの合い言葉は「最高の緩和医療で全ての患者さんに笑顔を!」です。そのために、病院の皆さんと一緒に日々頑張っています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

塩尻 智恵子

<緩和ケア認定看護師>

緩和ケアとは「疾患の早期から受けることのできるケア」であり、「病気によって生じた問題や起こるであろう問題に対応する医療」と言われ、悪性腫瘍だけではなく多くの患者さまにとって必要なものです。学習会開催や新聞の発行(かんわケア通信)、リンクナースの育成・活動支援などを通じて、ナース一人 一人が緩和ケアの提供者になれることを目指しています。「すべての患者さま・家族に笑顔を」をビジョンに掲げ、患者さま・家族の「Good Life」に一歩でも 近づけるよう、様々な面でお手伝いしています!