がん看護

田代 千香

がんは、高齢化に伴い日本人の2人に1人が発症すると言われるほど増加しています。また、治療の進歩から治療を受けながら生活を続ける方が多くなっています。当院は地域中核病院であり、病気でいままでも通院されていた方が、さらにがんの治療も受けるようになる場合がほとんどです。
多くの方はがんと聞いて今後の事について不安になり、時間がたつと治療とともにどう生きるか悩まれています。私は、がんと診断された時から、不安や悩みを一緒に考えることが出来るようにと活動しています。具体的には、がん看護専門看護師として、病棟や外来、緩和ケアチームでの活動を通し、多職種の方と連携し病院全体の看護の質の向上に取り組んでいます。また、病状説明に同席し、患者さんの思いを尊重して治療や療養が行えるように支援をしています。このような関わりの中で、患者さんが自らを振り返り、改めて自分の事を知ることができたり、家族の大切さに気づいたり、自ら成長できた実感したりと困難な中でも笑顔になる方もいます。私もそのような患者さんと共に日々成長させて頂いております。がんという困難な状態ではありますが、患者さんたちが少しでも自分らしく過ごせるように、私たちは活動を続けていきたいと思っています。